作品分析

「死を呼ぶドラマ撮影」のやりとりで改めて考えるコナン世界の姿

死を呼ぶドラマ撮影(アニメタイトル『代役・京極真』)では、オモテの話として京極が久しぶりに登場した。園子とイチャつきながら、ある意味コメディリリーフ的な役割である京極の良さが全面的に出た話だった。蘭が犯人を諭す様子を見て、かつての有希子の…

コナン組織編の基本構造(おさらい)

「3人のうちだれが黒の組織の人間か」をコナン側が当てる話 名探偵コナンは「3人のうち1人が黒の組織の人間」という話の繰り返しだという視点から、これまでのベルモット編、バーボン編、ラム編がどう構成されているのか整理してみた。 この3つの話は全体の…